まずはこちらをご覧ください。


 

この画像からそろそろ1年半が経ちますが、相変わらず

私の所には毎日50人以上の方からMLMをやりたいと申込みがあります。

たった1人の見込み客を獲得するのにも、相当な苦労が必要なのに

多い日は120人を越え、毎朝たくさんの申し込みに喜び、

対応に追われる日々なのです。

 

おかげさまで私は4カ月目に500人、8カ月目に1000人

1年8カ月で2300人を越えるグループを構築する事が出来、

正直開発した私も夢のような成果で驚きました。

ですがこれが現実に起こってるのです。

おかげ様で私も今年中に最高タイトルを達成出来ます。










私は過去に17年間MLMの業界に関わってきました。

ですがしゃべりに自信がある私でも

17年で直100人ぐらいです。

それが1人も会わずして自宅にいながら、これだけの結果が出るのです。

想像出来ない事が現実に起こってしまっているのです。

私は過去17年間の累計ですが3万人程の組織を作ってきました。

プライベートをすべて犠牲にして本気でMLMを活動してきたのです。

そんな私が

誰にも会わなくていいとか

セミナーに行かなくていいとか

ネットで組織を作るとか

今までの自分のやってきた事をすべて否定するような考え方で

まったく想像も出来なかった事です。



毎度お伝えしていますがこの業界で成功出来ないのは

自分の能力の問題以外にも業界の飽和状態に問題があります。

50年以上も倍々ゲームを繰り返してきたこの業界

飽和しない方がおかしい中で完全にこの数年

MLM業界の市場は安定期に入り椅子取りゲーム状態になっています。

それでもこの業界がこれから伸びていくと信じますか?

MLMバブル期の成功者の言う事を鵜呑みにしますか?

私は完全飽和状態のMLM業界で

 

MLMは誰にでもできるノウハウを連鎖させるから

組織が拡大して行きます。

 

ですが未だにバブル期のノウハウを使いまわし

と言い続ければ成功するという

時代遅れのノウハウを使い続けています。

権利収入を作る所が借金を作り

信用と友達を失い続ける残念なビジネスと化しています。

あげくそんな会社が2000社程もあるのです。

そんな時代だからこそ

今の時代に合ったやり方が必要であり

再現性の高いノウハウが必要なのです。





もしネットやSNSを活用しコピペだけで

組織が出来たらどうですか?

 

再現性を上げる為には誰にでもできるノウハウが必要です。

 

そこで私はこの1年8カ月様々な検証をし続けました。

そしてついにある方法を思いついたのです。

 

完全在宅で誰にも会わず誰ともしゃべらず

スマホ1台でも稼げる手法であり

100人いれば100人が出来る



 

マニュアル通りに行動しテンプレートを活用しSNSでコピペする。

以上。

 

たったこれだけの作業で組織が出来たらどうですか?

とっても怪しいと思うし信じられないかもですが

まずは「信じるな 疑うな 確かめろ」です。

是非試してください。












私の所に毎日50件以上悲鳴が届きます。

何とかMLMで成功したいと

周りの人達を見返したいと

権利収入を得て自分の夢を叶えたいと

今まで迷惑を掛けた家族を幸せにしてあげたいと

こんな悩みが毎日届くのです。



これは実話なのですが

私は26歳の時にMLM一本で活動していましたが

全く成果が出ず

家族や友人に迷惑を掛け続け、自殺したくなるくらい悩み

頭に500円玉程のハゲが出来ました。

美容室に行くのが凄く嫌でつらい経験をした過去があります。

ですが成功を諦めずにずっと自分を信じて活動し続けました。

そして成功出来ないのはすべて自分のせいであり

会社は悪くない。

商品は悪くない。

環境は悪くない。

アップは悪くない。

タイミングは悪くない。

と思い続けました。

ですが本当にそうなのでしょうか?

この飽和状態のMLM業界の現状のほとんどは

入口はビジネスチャンス、出口は愛用者と洗脳し

ドラクエ的に言うとマヌーサ(周りを見えなくさせる魔法)と

メダパニ(混乱させる魔法)を唱え続けられ、

完全に混乱し、ただの宗教団体と化しています。

ですので少し矛盾した点を突っ込むと

最後はこの仲間がいるからと言って

現実逃避や論点のすり替えをさせて

ビジネスをサークルにすり替えて愛用させ続けるのです。



まずは現実と向き合ってください。

今すぐネットで自社の製品を調べてみてください。

「MLM バーゲン」と検索すると恐ろしい数の商品が出てきます。





買い込みによって過剰販売された商品は

ネットで売りさばかれ価格破壊が起こり

半値で出品される始末です。

A社の鍋や浄水器に至っては2割程度で変える時もあるのです。


私はMLM業界を17年間も関わっております。

その中で成功出来る人と出来ない人の違いが

明確に分かるようになりました。

それは先ほど述べた

会社、商品、人、タイミング、環境、収益プランなど

様々な外的要因と

自分自身の能力に関する内的要因が問われます。

ですがそれだけではMLM業界にて勝ち組には成れません。

今の時代にあった販売ノウハウがあってこそだと思います。

MLMの基本は友達に声を掛けて行きます。

他人に声を掛けるより人間関係が出来ている分簡単だからです。

ですがそれが理由で苦労する人や上手く行かない人がいます。


私は会社経営をしておりますので営業マンを雇う際は

採用の段階である程度、

営業が出来そうか出来なさそうか判断します。

ベンチャー企業には即戦力が求められますので

出来ない人を出来る営業マンに変える努力に

時間とお金を掛けられないからです。

その点MLMは人件費が掛からないので営業が出来なくても

どんどん採用してメンバーにして行きます。

ですが登録してもらった後は本人と紹介者が苦労します。

出来ないを出来るに変える努力は性格を変えるぐらい難しく

簡単ではないからです。

もし分業が可能だったら?

私の会社でも営業マン以外に事務員、web周りのクリエイター

経理や総務、管理職と様々な役割に応じたポジションが存在し

決して経理に営業はさせません。

それは出来ない仕事をさせるのは非効率だからです。

役割分担で会社は成り立っているのです。

社長だからと言って何でも出来る訳では無いのです。






MLMの成功のセオリーは誰にでも出来る事を

リレーションさせて行き

B(紹介者)とA(説明する人)を量産する事が

不労所得に繋がり夢の権利収入に繋がるからなのです。

そして収益プランの構造上、

誰がどのタイミングで登録しても

平等に稼げる事をウリにしておりますが

それが逆に平等の努力を求めてしまうプランに

成っているからなのです。

平等の収益プランは

平等の能力や努力が合ってこその真の平等なのです。

ですがMLMで平等は絶対にあり得ません。

必ず誰かが人以上に経費と努力を投資し成り立っているのです。

そんな中で分業化をして平等性を保つのは非常に困難なのです。

ですが、もしもそれを可能にする事が出来て

自分の出来る事だけ努力して成功出来るとしたら?

そんなあったらいいな、を形のしたのがADSであり

インターネットMLMなのです。

今回はそのシステムを今回無料で公開させてもらいます。